メニュー

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング6F
m header btn

アルファ財産コンサルティング株式会社

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング6F

無料相談メールフォーム

業務内容

親子でM&Aを活用した 100年企業創りコンサルティング

企業を100年継続するために、事業承継は避けては通れない通過点です。ところが多くの経営者は、事業承継を経営者個人の”相続・相続税対策”、”株式承継”や”社長交代”といった最終到達点として認識するため、「まだ早い」「今やらなくてもいい」と言って先延ばしにしてしまいます。この“事業承継空白期間”があるため、後継者候補は、経営者や自社との関わりが希薄で、自社を客観的に評価する情報や機会もないままに「魅力のない事業だ」「自社には将来性がない」といった判断を下してしまいます。そして、ある日、静かに「承継するつもりはない」と気持ちを伝えてきます。

最近では、子供が事業を継がない場合であっても、M&Aにより第三者が事業を引き継ぐケースが見受けられるようになってきました。しかし、なぜ第三者には魅力的に映った事業が、一番近しい関係にある子供には魅力的に映らなかったのでしょうか?

事後承継をどのような観点で進めるかという基本的なプロセスの問題が、このような逆説的な状況を生む最大の要因です。この逆説的状況を解消するために、事業承継を相続・相続税対策の観点ではなく、後継者をM&Aの相手とみなし、M&Aを行うのと同様の観点でM&Aのプロセスを組み込んで実施することで、経営の軸の強化を可能にし、後継者への事業価値を正しく伝達できるようにもなります。

M&Aのプロセスは、事業にお金を生み出す力があり、その力の価値を相手に伝え、納得が得られてはじめて成立し、その力の効果を発揮して成功となるものです。したがって、事業承継についても、M&Aのプロセスを経て後継者へ正しく価値を伝達された事業は当然魅力的に映り、後継者自身がお金を生み出す力を自ら実現できるようになります。

cat11 p12

承継時に潤沢な資金を残し、お金を生み出す力のある事業を引き継ぐ
「親子でM&A」を活用した100年企業承継戦略

sankaku on

経営軸の強化×次世代育成×100年企業戦略

経営軸を強化し、潤沢な資金を残して事業承継

事業承継時に、潤沢な資金を残し、かつ承継後も事業が継続・発展していくために、企業経営の軸となる顧客、組織・社員、財務の3軸を強化していきます。経営者は、第三者であったとしても強みと認識し魅力を感じる経営の軸が事業に存在しているかという客観的な観点から、事業の精査を行い、あらかじめ経営の軸を強化します。会社にとって最優遇顧客を明確にし、経営のしくみを組織化し、新規設備投資、新規事業を行う際に必要な資金を確保できる財務状態を確立します。

安心承継・事業飛躍するための次世代育成

事業承継を「点」でとらえてしまうとその後の事業継続が非常に不安定なものになってしまいます。後継者や幹部候補といった次世代の育成を「線」でとらえ、さらに事業の発展を「面」でとらえ育成していきます。次世代育成の過程で、事業の価値を共有し、後継者として承継事業の価値実現と変容・進化のプランを描くための事業精査のプロセスを取り入れます。100年企業をめざすからこそ、強い組織・安定した業績・潤沢な資金をマネジメントできる経営者・幹部チームの育成が必要不可欠となります。

100年企業をめざした事業承継

後継者は、自身が策定した事業価値実現プランを実行に移します。事業には一定のライフサイクルがあり、”現状維持”は衰退を意味します。したがって後継者は承継した事業のライフサイクルを見極めながら、事業を取捨選択し、経営革新・新事業創出を行い、会社が成長し続けるしくみを構築するため事業承継後のビジョン・目標設定を行い、実行する必要があります。100年企業創造を見据えて行う経営戦略はさらに次世代へと脈々と受け継がれていきます。

100年企業創りコンサルティングで得られる効果

before
  • 相続・相続税対策の話が中心で、マイナス要素ばかりが強調される。
    事業承継と聞くと気持が後ろ向きになる。
  • 子供を後継者にしたいが、
    本人は事業に将来性や魅力が感じられないと承継に後ろ向きである。
  • 経営者目線では、後継者に経営能力が不足していると感じてしまい、
    任せるタイミングを測りかねている。
  • 経営者自身が社長となった時代と現在の格差が大きく、
    後継者が承継後の展開を描き切れるか不安である。
  • 退職後の生活を考えると、役員報酬がなくなることは不安だ。
    退職金もどれくらい支払うことができるかわからない。
  • やはり相続税も気になり、何らかの対策が必要だと思う。
    対応できるのか。
after
  • 100年企業をつなぐという承継ビジョンの構築がスタートで、
    その達成過程が核となるため、前向きに行動できます。
  • 事業の黒字転換、借入金の適正残高までの返済を進め、
    お金を生み出す力のある事業に強化してから承継できます。
  • 自ら事業を精査し、後継者目線での経営計画を
    作成できるまで力をつけることができます。
  • 現状事業のライフサイクルを見極めたうえで、
    後継者としてなすべき事業の取捨選択、目標設定ができます。
  • 自身の退職金を支払ったうえに、会社にも資金を残すことができ、
    後継者に資金繰りの苦労をかけずに承継できます。
  • 持株会社を活用した親子事業承継、後継者不在時の所有と経営分離プラン、
    納税猶予制度の適用が可能となります。

コンサルティング内容(例)

コンサルティング内容対象者フェーズ1フェーズ2フェーズ3フェーズ4フェーズ5
1STEP1

現状分析
課題抽出

●企業4分類(利益指標と自己資本指標)に基づく現状のポジション分析
●事業承継ビジョン・ヒアリング
経営者        
2STEP2経営軸の
強化
お金を生み出す力を発揮するために、企業の体幹である経営の3軸を強化します。
①顧客の軸
●当社が選ばれる理由、顧客ABC分析等
②組織・社員の軸
●経営理念共有、利益感応度向上、自走型組織構築・自走型社員育成等
③財務の軸
●銀行格付分析等
経営者    
3

後継者
幹部育成

次期経営者、幹部社員としてトップスピードで事業を継続発展できる状態をめざします。
①後継者の育成
●計数マネジメント力養成等
②幹部の育成
●プロセスマネジメント力養成等
後継者
幹部
     
4STEP3

100年企業
戦略1

●後継者が持株会社を設立し、経営者から株式を譲り受け、代表者に就任します。
●経営者は退職金と株式譲渡代金を受け取ります。
経営者
後継者
       
5

100年企業
戦略2

●承継事業における早期の実績作り(クイック・ヒッツ)
●100年企業としての経営革新、新規事業創出のための経営計画策定と実行
後継者
幹部
    ●   

費用:月額30万円の顧問契約

当社が選ばれた理由(お客様の声)

不動産販売・賃貸業/50代後継者

税金対策にとどまらず、経済環境の変化を踏まえ、事業承継後の事業展開のストーリーをどう構築していくかまで相談できました。キャッシュ重視の考え方を強調されるので、経営判断をする際に何を重視するかが明確になりました。

運輸業/30代後継者

会社を引き継いだばかりで続けていけるかわからなかったのですが、経営計画の作成と実行を中心に経営の強化を図るという方向が定まりました。

cat11 btn1
事例は現在準備中です。

現状分析と課題抽出継承の最適化STEP3:100年企業創り
アルファ財産コンサルティング株式会社 事業承継は早めの対策がポイントです。 まずはお気軽に無料相談をご利用ください。 TEL:03-6273-4561

無料相談お申し込みフォーム

tel001